婚活サイト ブライダルネット 体験 ネット婚活 評判

理系男子の婚活特訓講座 第3回

 

前回は、女性との接し方や
女性を喜ばせることを点数化しましょうというお話でした。

 

 

今回は、会話で女性を喜ばせる方法です。

 

 

 

理系男子の特徴であった、
自分からは話さないというのは、非常に失礼です。

 

しかも聞かれたことには、返答するのであれば、
相手に会話自体を丸投げしているという状態です。

 

 

 

実は気遣いができる女性にとっては、
この時間は苦痛です。

 

 

 

例えば、

 

 

 女性「お休みの日は、何をされているんですか?」

 

 男性「そうですね。本屋で資料探しに行ったりですね。」

 

 女性「いいですね。本屋さん。どんな本を読むんですか?」

 

 男性「仕事で●●というテーマの研究をしているのでそれに関する本です」

 

 女性「そうなんですね。」

 

 

という盛り上がりがない最悪な会話をしたとします。

 

 

 

これを整理すると、

 

女性が質問する
    ↓
  あなたが一言二言、答える
    ↓
  女性がその返答を拡げようとする
    ↓
  あなたが一言二言、答える
    ↓
  会話終了

 

というような女性がとっても疲れる会話です。

 

 

もしこの会話が最悪だと思えないのであれば、
大幅減点です。

 

 

 

ちっとも楽しい会話じゃないですからね。
しかも女性はストレスを感じました。

 

 

あなたには、どこがストレスポイントなのかわかりますか?

 

 

理系男子といっても、
これぐらいわかるよという方もいれば、
何言ってんの?全然普通の会話じゃんと思う方も
いると思います。

 

 

 

でもこの会話は、会話になっていません。

 

 

 

キャッチボールができていないんです。

 

 

 

 

女性から質問があり、あなたが答えた。
そして女性が、あなたの返答を拡げようとしたが、
あなたは拡げる努力を怠ったのです。

 

 

この場合、あなたは女性に質問をしなければいけませんでした。

 

 

「あなたはどんな本を読むんですか?」

 

 

でもそれだけだと全く楽しくありません。

 

 

 

例えば、

 

 男性「あなたはどんな本を読むんですか?」

 

 女性「村上春樹の海辺のカフカとかですかね。」

 

 男性「へー」

 

以上。という感じで終わってしまうんです。

 

 

これだと隠されたニーズを満たすことができません。

 

 

女性は、あなたのお休みの日を詳細に知りたいわけじゃありません。
女性は、あなたと共通点を探して、共感したいのです。

 

 

 

だから、もしあなたが村上春樹の本を知らなくても、
相手女性との共通点に落とし込む必要があります。

 

 

 

 

例えば、

 

 男性「あなたはどんな本を読むんですか?」

 

 女性「村上春樹の海辺のカフカとかですかね。」

 

 男性「へー。女性は村上春樹を読んでる人多いですよね。」

 

 女性「そうなんですよね。なんかはまっちゃうんですよ。」

 

 男性「確かに、これだ!って思う本を見つけたら、その著者の本を全部読みたくなりますよね。」
    「僕は通勤中、いつも本を読むんですが、好きな著者を見つけたとき、あれも読みたい!
     みたいな楽しみができます。」

 

 女性「それわかりますー。私も通勤中、本を読みますが、楽しくなりますよね。朝の憂鬱な時間が楽しい時間に。」

 

 男性「そうそう!」

 

という感じです。

 

 

あるある話にもっていくことができれば、
共感をしてもらいやすいので、
笑いや楽しさが生まれやすくなります。

 

 

ただ嬉しいことにブライダルネットで活動する女性は、
1回や2回のデートがあまり居心地が良くなくても、
3、4回ぐらい会ってくれる女性が多いです。

 

 

なぜならブライダルネットの女性は、
本気で長い目で男性をチェックしている割合が高いからです。

 

 

なので初回や2回目で、沈黙が続いて会話が盛り上がらなかったとしても
3回目頑張ればいいんです

 

 

そこで、会話がスムーズに行くようになったら
こういう風に改善していく生活なんだ!と女性が認識するようになると思います。

 

 

一番ダメなことは改善を全くできないこと。
ずっと質問を受けてばかり、
会話が盛り上がらない

 

 

という状態が何回も続くようであれば、
いくらブライダルネットの女性といえども、
あなたの前から去っていくと思います。

 

 

 

お会いした女性を頭に思い浮かべながら、
3項目の中で選択肢を一つづつ選んでください。
点数もメモしておいてください。

 

 

・会話の中での質問
 ⇒ほとんど自分から質問した         1点
 ⇒1:1ぐらいの割合で質問がでた      2点
 ⇒ほとんど女性から質問してもらっていた −1点

 

・会話から共通点
 ⇒自分から積極的に共通点を探せた    1点
 ⇒相手女性に共通点を探してもらった    0点

 

 

・あるある話
 ⇒共通点の話からあるある話につなげられた  1点
 ⇒共通点の話で終わってしまった       0点
 ⇒共通点の話から別の話に切り替えた   −1点

 

 

理系男子の婚活特訓講座 第4回はこちら


 
ホーム 初めての方はコチラ 婚活サイト比較 無料プレゼント 婚活サイト体験談