婚活サイト ブライダルネット 比較 口コミ 体験 ネット婚活

ブライダルネットは、最低限、何が必要なのか?

 

 

婚活サイトは、

 

   ・メール交換の許可をもらって、

 

   ・メール交換をしてみて、

 

   ・実際に会ってみて、

 

   ・付き合っていく

 

というのが流れです。

 

 

そのため、
最初のメール交換で自分に興味をもってもらえなければ、
実際に会うことはできません。

 

 

ブライダルネットでは、メール交換しませんか?という「あいさつ」をして、
相手の女性があなたのプロフィールを読み、OKをもらえたらメール交換ができます。

 

 

私の場合は、100人あいさつして、2人からメール交換のOKを頂きました。
わずか2%です。低過ぎですよね。

 

そこでブライダルネットの管理者に相談して、アドバイスをもらいプロフィールを改善しました。
(ブライダルネットでは婚シェルというアドバイザーがいます。問い合わせるとアドバイスをくれます。)

 

 

管理者によると、私のプロフィールは空白が多く、
女性が気になる項目が抜けていたり
あからさまに女性がNGを出してしまうような文章が入っていたとのこと。
私は、その箇所を修正しました。

 

 

その結果、100人あいさつして、20人ぐらいからOKをもらえました。
(※この100人はブスや子持ちは入ってません。可愛い女性のみです。)

 

 

やっとメール交換が始まります。

 

 

ブライダルネットでは、「ちょい話そう」というステップになります。
私の場合、実際に会った人は、20人中15人ぐらいでした。

 

 

なので、ほぼ会えます。

 

 

ただメールのやり取り(ちょい話そう)で
女性から「ちょい話そう」を強制終了されてしまうことがときどきあります。

 

 

他の婚活サイトとは違って、
ブライダルネットでは、1週間だけ「ちょい話そう」。
その後メールアドレスや本名の公開許可をもらうという流れです。

 

そのため、1週間メールのやり取りができれば、充分女性とお会いすることができます。
※女性の本名が出た時点で、会える確率が格段に上がります。

 

 

おそらく、ブライダルネットで出会う人数が多い理由は、
この本名が公開される点があるかもしれませんね。

 

 

なので、1週間やり取りして、女性を楽しませるメールテクニックも最低限度
必要になってきます。

 

 

整理すると、

 ・女性があいさつOKを出してもいい「プロフィールづくり

 

 ・女性が飽きることなく、1週間メールやり取りをしてしまう「メールテクニック」

が必要です。

 

 

 

ブライダルネットは不便なのでペアーズへ
ブライダルネットがおすすめできなくなった理由


 
ホーム 初めての方はコチラ 婚活サイト比較 無料プレゼント 婚活サイト体験談